スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
イタリア人@日本のデパート
2006 / 03 / 28 ( Tue )
世界の食品博覧会FOODEXのために来日していたイタリア人を連れ、勉強会と称して東京のデパートを視察に行きました。
(視察と言ったらカッコいいけれど、ただのヒヤカシ・ショッピングです・・・)

どこのデパートを視察に訪れたのかは、NOアポ(当たり前だけど)なので、一応伏せておきます。

まず、一階。化粧品とファッションのフロア。
店内のデコレーションの綺麗さと、人の多さにイタリア人驚く。(ちなみに視察が行われたのは土曜日の午後でした。)

そして、地下一階。おなじみデパ地下食料品売場。
デコレーションの綺麗さと人の多さにまたもやイタリア人驚く。
やはり何と言っても、一つ一つのブースの綺麗さと商品のディスプレイの美しさには感嘆をもらしていました。

日本の市場は、いかに隅々にまで気を配らなければならないかを、百聞は一見にしかず!見てもらって感じてもらうのが一番です。

そして、販売員の方々の感じの良さにも感動していました。

前にも書いたかもしれませんが、イタリアでは路面店が主流。
デパートメントストア(イタリア語で言うとグランディ・マガッツィーニ[GRANDI MAGAZZINI])チェーンは大手でミラノのドゥオーモ近くにあって有名な店くらいしか思い当たりません・・・・。
(もしあったら教えてください!)
あとは、イ○ー○ーカドーのような大型総合スーパーマーケットのようなチェーン。(これは郊外型から都市型まで結構たくさんあります。)
だから、豪華で素敵な総合デパートには、イタリアの都会っ子はさておき、普通のイタリアの田舎っ子は、全く慣れていません。
恐らく想像もつかないと思います。

その後、私用で眼鏡売場へ。
実は、マイ眼鏡のレンズが外れてしまったために、視察ついでに修理をしてもらおうと眼鏡売場へイタリア人を引っ張って行きました。

イ:『眼鏡の値段はイタリアと同じくらいかな~。』
私:『えっ!?イタリアって眼鏡そんなに高かったっけ??』
イ:『結構有名ブランド品は高いよ~。200-300ユーロ(29000-43500円くらいするんじゃないかな~・・・。』

さて、日本の眼鏡の価格にはさして驚かなかったイタリア人でしたが、眼鏡売場のサービスの良さには本当に驚いていました。

まず、
○修理に入る前に、どれくらいの時間がかかるかを言って待たせること。(う~ん、確かにイタリアでは経験ありません・・・。)

○待たせて申し訳ないと丁寧に謝ること。(眼鏡を壊してしまったのは私なのに・・・)

○修理をしている最中に、店員さんのミスで違う箇所を壊してしまった・・。このミスをわざわざ見せに来て謝り、そして新しいパーツと交換する旨を伝え、さらに5分ほどかかってしまうことを伝えたこと。

○新しいパーツをつけたら、古いパーツとの差が際立ってしまって変だから古いパーツを磨きますと、再び告げに来たこと。(その差は素人の私には全く感知できませんでしが・・・)

○そして、やっと完成して、私が修理代金を支払おうとしたら、無料だったこと。(これには私も驚きました!)

う~~ん、さすが!!!こんなサービスをしてもらったら、次の眼鏡を買うのは絶対またここにしようって思ってしまいます。

これには本当にイタリア人は驚いていました。

『また来たい、ここで買いたいって思わせるサービスってスゴイね・・・』

(ちなみに、私はこの店でメンバーズカードも提示していないし、名前すら告げていないのです・・・・)

う~ん、日本人としての誇りを感じるな~と思って頂けた方、
今日も↓ポチリとお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

00 : 17 : 10 | イタリア人気質って・・・ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
マグロのお話
2006 / 03 / 26 ( Sun )
久しぶりにゆっくり過ごせた日曜日なので、一気に更新です♪ (書き溜めもしておこうっと)

先ほどカツオの話をしたので、物はついでにマグロの話。

とは言っても、マグロの乱獲が地中海近辺で問題になっている!!という堅い話ではありませぬ。 カツオに続くちょっとクダラない話。

『クダラナイ』と言えば、『くだらない』の言葉の語源ってご存知ですか?(今回もイタリアネタの前に江戸ネタです)

江戸時代の江戸では、メイドイン京都の商品が大人気でした。もちろん、人気というよりも、江戸に幕府が開かれてすぐは江戸城下の需要に物資の供給が追いつかないという理由で、関西から多くの商品をいわゆる輸入していたそうです。

関西は上方って言いますよね。 上方からやって来る=上方から下ってくる下って来る物だから→『下り物』。 一方、江戸に輸出されない物は下って来ないわけだから、『下らない物』!という訳で、輸出する価値がない物という意味で『クダラナイ』と使われ始めたそうです~~。

さて、話が反れました。

『鰹』はイタリアに渡ると放送禁止用語になってしまいましたが、一方の『鮪』は

『痩せている』

という意味の形容詞(男)←鰹系の言葉を期待していた方々、ご期待に添えず残念です・・・。>


Quel ragazzo magro si chiama Roberto.

あの痩せた男の子がロベルト君だよ。

女の人に対して『痩せている』という場合には、[magro]の語尾の「o」が「a」に変わって[magra](マグラ)。←こちらもあんまりネタ的にはちっとも面白くありませんがあまりガッカリしないでください・・・。

ちなみに、トロ[toro]は雄牛。牡牛座という意味もあります。

なので、ロベルトはマグロのトロだ。なんのこっちゃと思いますが、「ロベルトは痩せている牡牛座の男だ」という意味。

しかし、このイタリア語マメ知識は役に立つのだろうか・・・・・。

ちょっとは役に立つと思ってくださる御仁はクリックお願いいたします♪
m(_ _)m  ↓

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

21 : 25 : 41 | イタリア語マメ知識 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
食べ物で季節を感じる@日本
2006 / 03 / 26 ( Sun )
昨日の我が家の夕食は『初がつお』と『たけのこご飯』でした。

う~ん、春が来たって感じです。

目に青葉山ホトトギス初鰹

この句は有名だけれど、こういう川柳聞いたことありますか?

目も耳もただだが口は高くつき』(笑)

きれいな青葉を見るのも、ホトトギスの美しい声を聞くのもタダだけれど、初鰹を味わうのだけは大変な出費になるっていうちょっと江戸っ子っぽい意味の川柳です。

何故初かつおの値段が高かったのか??

真偽の程は分からないけれど、聞きかじった話では・・・

江戸時代の東京、いわゆる江戸では、ちょっと綺麗な女性は皆江戸城の大奥に行ってしまったらしい。鰹好きの江戸っ子の娘たちは大奥で、
「鰹が食べたい。鰹が食べたい♪」と言っていたため、江戸城の鰹の発注数は相当数だったみたい。
すると、庶民に回ってくる鰹の量はぐ~んと減ってしまう。
それに、江戸っ子は新物好きだから、値段が高くても無理して買ってしまっていた・・・。だから、需要と供給のバランスの市場原理で値段は高く出回ったという話。

女房を質に入れても・・・!とまで思って太っ腹に鰹を買い求めて食べていたんでしょうね・・・。

それにしても、鰹は美味しい♪


さてさて、この鰹の話を冥途イン・イタリーらしくイタリアネタに持って行こうとすると・・・・。

イタリア通な方なら、ここで「ふふふっ」とうとう来たか・・と思って頂いているはず。

そう、シモネタになってしまうのです。

貴女がいくらカツオ好きでもイタリアのレストランでは『カツオ~~』と言ってはいけません。

なぜならば、『カツオ』は放送禁止用語だからです。

しかし、イタリア人と話をしているとかなり頻繁にこのワード登場します。

『チキショー!』『バカヤロー!』などの意味で、文頭、文尾に使われます。このワード自身の意味は、いわゆる『♂』。

このワード、面白い使い方もします。

Ieri il mio nonno ha compiuto 100 anni. Sai perche'?
Perche' faceva solo i ○azzi suoi....

(注:↑の○の中には「c」が入ります。。。変な検索に引っかからないようにするため伏字にしました!!)

昨日うちのじいちゃんは100歳になったんだぜ。何でか(こんな長生きしたか)分かるか?
それはいつも自分勝手なことばっかりやってたからだぜ。


という意味のイタリアの笑い話。
本当なら○の所には「F」が入ってfatti(←『行動』というちゃんとした意味。)i fatti suoi というのが正しいイタリア語です。

あっそうだ。「c」の方の『○azzi』の説明をしなければダメですね。

『○azzo』いわゆるカツオです。これは単数系。(ちなみにアクセントは「カ」に。「zzo」の部分の発音は「ッツォ」。はい、どうぞつなげて発音してみてください♪)

『○azzo』はもちろん男性名詞なので、複数形にする時は、語尾の「o」を「i」に変える。なので『○azzi』は『○azzo』の複数形。

だから、上の笑い話の中の元気なじいちゃんは『♂♂♂♂』ということですね(笑)。


なので、イタリアでもし『さざえさん』が放映されるとしたら(放送されてるのかな・・・)『カツオ君』の名前は絶対改名されることでしょう。じゃないと、サザエさんがカツオ君を怒りながら追いかける名場面も、サザエさんのセリフは『ピー』・・・・。

アクセス数を増やしてみようと思い、ランキングに参加してみました♪『面白いっ♪』と思ったら是非ポチリと清き一票をよろしくお願いします。(ヨーロッパネタの他のイケてるサイトも見ることができるみたいです←私はまだブログ素人。)


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

18 : 04 : 51 | スローフードな私的つぶやき | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
交通違反@イタリア
2006 / 03 / 24 ( Fri )
日本ネタを書いていたら、イタリア交通違反事情思い出しました。

私がイタリアに留学していた時、ローマではイタリアにある国際機関に勤める友人の家に居候させてもらっておりました。

その時のお話。

その友人は(無謀にも)通勤手段として『車(マイカー)』を選択。
苦労に苦労を重ねてオートマ仕様の車(中古)をゲットしたのですが、

(注:イタリア国内に存在する99.9%の車はマニュアル仕様と思わせるほど、オートマの車をゲットするのは難しいのです・・・。イタリア人曰く、『マニュアルじゃなきゃ車じゃないのさ!』)

その後のカーライフも大変でした。

問題は『駐車スペース』。

路上駐車が基本のイタリア。しかし、素人でも入り込めるスペースはすぐに塞がってしまいます。(さすがに道路に名前書くことできないもんね・・)
なので、帰宅時間によって駐車禁止スペースに車を置き去りにしなければならない時もしばしば。

ちなみに彼女が住んでいたのは繁華街近くの住宅地で、それはさおれはたくさんの車が止まっているけれど、駐車制限もある区域。
駐車許可を取る術も知らず、しかも恐ろしいことに実はたくさんの駐車違反切符を切られていました。

日本とは違って、この駐車違反切符。車のフロントガラスのワイパーの所に無造作に挟んでいきます。
イタリア語が全く分からなかった彼女。最初は、広告だと思って無視したり、破り捨てていたのでした。しかし、これも度重なると何だろうと興味を引くのも当然。

ある日、家でご飯の支度をしていた私に(居候ですもの・・ご飯の支度くらいは当たり前♪)気軽に、『ねぇ、これ何って書いてあるの?結構何枚ももらってるんだけど・・』

よく見ると、(というかよく見ないでもことの重大性が分かってしまったのだが)なんと、駐車違反切符。

私が居候を始める前から、というか、車を買った当初から合計すると数十枚に達している違反切符。しかも、すべて未払い。

これが日本なら逮捕礼状来るんじゃないのかな・・・(確か、そんな感じで逮捕された芸能人もいたことだし)

警察に出頭して、一緒に駐車許可を取りに行こうと思っていたのですが、そのうち私も帰国。

恐らく、中古車を譲り受けた時の届け出が不十分で、彼女の車と彼女の住所が一致していなかったので家に督促状が来なかったのだろうと想像しますが、いったい、彼女はあの違反切符の束、(それが違反切符と判明した後はさすがに破り捨てず(コレクションとして)保管していました)どうしたんだろうか・・・という心配がよみがえってきました。


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

09 : 33 : 18 | イタリア都市情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
交通違反@日本
2006 / 03 / 24 ( Fri )
『新し物好きのブログ』http://ad4040.blog39.fc2.com/から面白い記事を発見したので、今日はイタリアを離れて日本関連の記事です。

商品のお届けやらなにやらで、車で移動することが多い毎日。
ポリスメンとの遭遇も多く、たくさん違反をしてしまっております・・・。そんな中、『交通違反に対応する保険がある!』と前述のブログで知りました。

しかし、考えてみると違反金よりも痛いのは、点数・・・・。点数は保険でカバーされない(まあ当たり前の話だけれど)ので、どうも私にはあまり向かないのかもしれないです、残念ながら。

皆さんは交通違反の経験はありますか?
納得いくものから、いかない物まで・・・。

そこで、納得いかない私の違反(しかもこれがきっかけで免停になってしまった)をご紹介。

某国大使館に用事があり、車で行きました。この大使館は、改築工事をしていた時期があって、改築前は大使館の方にお願いして、車を中にちょっと停めさせてもらうことができたのですが、改築後は無理になり、また、用事も数分で終わる短いものだったので、車をちょっと道路に置かせてもらおうと思っていたところ、大使館前で警備をしながら竹ぼうきを持ってお掃除をしていた『おまわりさん』を発見。
その『おまわりさん』に、どこかちょっと車を停められる場所はないかと近づいて声をかけたところ、

『違反ですよ!』

と一喝。

私:『いやいや、そうじゃなくって、大使館員に呼ばれているので数分車を停められる場所ありませんか?』

警察:『違反です!切符切ります!』

なんだか会話がかみ合っていないことにやっと気付いた私は、何が違反なんですか?と尋ねると、

警察:『この時間は、この道からは曲がれません!標識見えませんでしたか?』

よく見ると、木陰に時間帯によって右折禁止の標識が・・・。

大使館員を呼び、彼の助けも得て説得(というか押し問答に近い)すること約20分。しかし、情け容赦なく違反切符を切られました。

確かに!標識を見ていなかった私が悪い!

しかし、おまわりさんの姿を見て、声をかけようと思って曲がったのに・・・。しかも、竹ほうきを持っているおまわりさんに違反切符を切られるなんて・・・。さらに、しかも、その点数のお陰で免停を食らうことになるなんて・・・・。

ホント、悪夢のようでした。

余談ですが、私がこのおまわりさんとモメテイル間に、私と同じ罠に引っかかってしまった車はなんと3台!大使館前には、私を先頭として3台の車が違反切符を切られる運命のもと、列を作ってしまったのでした。

こんな善良な私を取り締まるなら、本当に迷惑な違法駐車やらなにやらをもっと厳しくすればいいのに・・・。

というのも考え物・・・。

何月からスタートされるのかは忘れましたが、駐車違反の取締りが民間に委託されることになるんですよね?この前乗ったタクシーの運転手さん曰く、なんとデジカメでパチリとやられれば、それで駐車違反成立なんだとか。従来のように、タイヤに引かれたチョークの跡というサインはありません・・・。

う~ん、もちろん駐車禁止エリアに車を停めるのは悪い!

でも・・・。

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

09 : 02 : 46 | 番外編 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
現在のグイド・ゴビーノの販売@日本
2006 / 03 / 23 ( Thu )
3月14日に新宿伊勢丹での販売が終了した後、たくさんのお問い合わせを頂きまして誠にありがとうございました。

プレゼントとして受け取ったグイド・ゴビーノのチョコレートを気に入ってくれた方々、マイチョコレートとしてご贔屓にして頂いている方々の声を聞くと、本当に嬉しくなります。

さて、現在のグイド・ゴビーノチョコレートの販売に関してですが、六本木ヒルズにあるグランドハイアット東京1階フィオレンティーナブティック、そして代官山ヒルサイドパントリーにて、引き続き販売をして頂いておりますので、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください!

また、遠くの方は、グイド・ゴビーノジャパンHP上でもお買い求め頂くことができますので、こちらも引き続きよろしくお願いいたします。
http://www.guidogobino.jp/online/cart.cgi


テーマ:ショコラ(チョコレート) - ジャンル:グルメ

10 : 31 : 26 | グイド・ゴビーノ NEWS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
イタリア男のおしゃれ?!
2006 / 03 / 22 ( Wed )
ブログに書きます。しかし、これは絶対に(かなりの)少数派だと思いますので、そのつもりで読んでくださいね。

前にも書いたと思うけれど、イタリア人は男でも女でも睫毛(マツゲ)が長い・・・。

イタリアでも、もちろん、長いマツゲはチャームポイントの一つで、長いマツゲにさらにマスカラを付けて長~くします。

これは男のチャームポイントでもあり、さすがにマスカラはつけないけれど、くりっカールしたマツゲを持つメンズは人気の的です。


ちなみにイタリア語では、
マツゲはCHIGLIA (チリア)眉毛はSOPRACIGLIA(ソプラチリア)と言います。

そう、ソプラチリアというのは、『マツゲの上』という意味。
言葉でも分かるように眉毛よりもマツゲの方が価値が高いのでありました・・・。

しかしっ!初めて出会いました。

マツゲカットする男!!

眉毛ではありません。マツゲです・・・。

1年ぶりに再会したそのイタリア男。自他ともに認める『長マツゲ』の持ち主で、眼鏡をかけると、その長いマツゲで眼鏡が動いて邪魔だと、のたまっていました。

しかし、先日会った時、そのマツゲが短くなっていたことにいち早く気付いた私は思わず

『どどどうしたの???そのマツゲ・・・??!』

彼は、さも簡単に、
『あ~、邪魔だから切っちゃった。』と・・・。

さすがに、彼の奥さんやら女友達からは非難轟々だったようです。

しかし、邪魔になるほどのマツゲ。持ってみたいものです。

そういう話を聞きつつ、15倍に伸びるマスカラを探しまわりましたが、売れきれ続出でゲットすることはできませんでしたが・・・。

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

09 : 17 : 29 | イタリア人気質って・・・ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
モテる女@イタリア
2006 / 03 / 20 ( Mon )
先週幕張メッセで世界食品博覧会<<FOODEX>>が開催されていたため、またもや数人のイタリア人の面倒を見る機会に恵まれ、ネタを仕入れてきました。(決して本来の目的ではないけれど・・・)

ちなみに、以前、食べ放題のしゃぶしゃぶ屋開店以来の大食いぶりを発揮した兄妹のうち、今回は妹欠席。なので、私も慣れてしまったことだし、大食いネタはこれと言って収穫できず・・・。

さてさて、今日の話題は、イタリアのモテる女性とは?

まあ、嘘か本当かはさておき、

自称モテ男のルイージ君と浅草に向かう銀座線に乗っていた時、彼が話題を始めました。

ル:『本当に日本の女性の年は分からないね~。皆、十代に見えるよ。』

私:『だって日本の女性は肌がきれいだからね~。』

ル:『うん、それもあるけど、でもやっぱり服装やらなにやら、皆若く見せようと思ってるんじゃない?それに、日本の男は若い女の子が好きだっていうし・・・。だって、皆10代の女の子がいいって言うんでしょ?』

私:『なんでそんなこと知ってるの?』

ル:『雑誌で読んだことあるよ。』

海外の雑誌にまで、日本のそんな現象が取り沙汰されているのか・・とちょっとショックを受けながら、しかし、日本女性の『クリスマスケーキ説』を披露。

ル君は、その話にかなりウケていた様子だったけれど、
ル:『でもね、イタリアでは何歳の女性が一番モテるか知ってる?』

イタリア男、若いのから年いった人まで、理想の女性とする年齢は、なんと

40歳

だそうです!

『でもさ、イタリアでも、お金持ちの成功者の再婚相手は絶対若くてきれいな人でしょ???』と反論する私。

ル君もそれは認めながらも、異性に目覚めるイタリア人少年の夢の女性も年上だし、理想の女像として描かれる女性は40歳の女性なんだ!と強調していました。

もしかすると、マザコン気味のイタリア人男性は、人生の酸いも甘いも知っている(グラマーな)女性を追い求めているのかも・・・。

日本の皆様、第二のモテ人生をイタリアで過ごされては?(日本女性はイタリア女性よりも若く見えるから、50代以降でも大丈夫のような気がします・・・)

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

09 : 19 : 07 | イタリア人気質って・・・ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ありがとうございました!@伊勢丹
2006 / 03 / 15 ( Wed )
昨日3月14日をもちまして、伊勢丹でのグイド・ゴビーノの販売を終了いたしました。
たくさんの方にお買い上げ頂き、本当にありがとうございました!
そして、混雑してしまったため、店頭にて長い時間お待ちいただいてしまった時間帯もあったこと、大変申し訳なく思っております。

ご自分用のマイ・チョコレートとして買って頂いた方、ギフト用に買って頂いた方、そしてギフトとして誰か素敵な方からもらった方、全ての方に、グイド・ゴビーノの5gの小さなチョコレートとともに『美味しさ』と『幸せ』が、訪れたことを心より祈っております!!

テーマ:ショコラ(チョコレート) - ジャンル:グルメ

14 : 11 : 32 | グイド・ゴビーノ NEWS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
尾篭な話ですが・・・
2006 / 03 / 11 ( Sat )
今日は数日ぶりの晴天で、気持ちが良かったですね~♪ こんな日はアウトドアがいいなぁ~と思いつつ、仕事でした。
仕事と行っても、今日は所沢まで車を走らせるというプチ遠出のお仕事で、渋滞に巻き込まれつつ、しかし、せめて車を運転している時には、レジャーに出かける気分で・・・・というわけではないのですが、車の運転中にトイレに行きたくなりました。
(というわけで今日はちょっと尾篭な話です・・・)

以前、イタリアで小グループの視察旅行をオーガナイズした時に雇った運転手に聞いた話で印象的だったのは、『日本人はなぜあんなにトイレに行く回数が多いのか?』ということでした。

ご存知のように、イタリアにはトイレ完備のコンビニはないし、デパートも少ないので、気軽にトイレを拝借できる機会が町にあまり転がっていません。
なので、観光客を乗せたバスの中での心配事のNo.1は『トイレ』。
かなり頻繁にこの話題が出るそうな。

長距離の移動なら、サービスエリアのトイレ。
サービスエリアのトイレは有料、もしくはチップ制。
50セントとか額が決められている場合もあれば、(大きな駅なんかはトイレの入り口が駅の改札のようになっていて、コインを入れないと中に入れないというニューなシステムを取り入れている所もあります。)
昔ながらに、ちょっと愛想の悪いおばちゃんが中にいて、彼女の前にチップを入れる籠が置いてあって、好きな額を入れる所もあり。

チップとして入れる額は、(籠の中には見せ金として1ユーロコインなんかも入っているけど)10セントくらいでいいんじゃないでしょうか?

で、街中ならばバール。
まあ、バールでトイレだけを拝借するのもなんだから、エスプレッソとかそこら辺を注文し、飲んだ後にトイレを借りる。
ただ、日本のように、『トイレはこちら・・・』的な看板やサインは出ていない所が多い(ほとんど)なので、バールのおじさんに『トイレはどこですか?』と聞かなくてはいけない。

そこで、日本にはないシステムをご紹介。
『トイレはどこですか?』と聞かれたバールのおやじの中には、トイレの場所を教えるとともに、おもむろに鍵を渡す人もいます。
そう!バールの中のトイレは、鍵がかかっていて、その鍵をゲットした者のみに利用する権利が与えられるのでありました!

<まあ、じゃないと、無料トイレ貸し屋になってしまう可能性もなきにしもあらずだもんね。>

一番最初は、鍵を渡されたはいいけれど、意味が分からず、トイレに鍵がかかっていて、しかもトイレごときの鍵が家の鍵のような「ごっつい」鍵だっていうことが、私の頭では理解ができず、

『うちの家のトイレを使えよ!』

という意味で、ご主人の家の鍵でも渡されたのか・・と思ってしまったものです。

まあ、利用者の払うチップで清掃員を雇ったり、チップを払える人だけに利用させたりして、トイレの清潔を守っているんですよね・・・。
日本の公衆トイレも、もはや、こういうシステムを取り入れないと公共施設の美化が図られないのかな~と思いながら、鼻と目を固く閉じて使わざるを得ない時もありますよね~。。

さて、イタリア語で、『トイレはどこですか?』っていうのは何と言うのか?

プチイタリア語講座です。

『トイレ』は「トイレット」でもOK。

イタリア語の単語だと、

「バーニョ(BAGNO)」←お風呂という意味でもあります。お風呂とトイレが一緒の部屋にあるからかな・・・(オフィスなどのトイレでもトイレがやたら広く、シャワーなんかもついている所もあります)

あとは、「セルヴィーツィオ(SERVIZIO)」←サービス(ご奉仕)という意味もあります。
空港(確かミラノの空港)のトイレのサインはSERVIZIOを使ってたかな・・・・。

『どこ?』は「ドベ(DOVE)」。

探しているトイレは単数なので(普通は)、動詞 「エ(E')」。

なので、「トイレはどこですか?」は、
DOV'E' UN SERVIZIO? (ドベ・ウン・セルビツィオ?)←ドベの「べ」にアクセントを置くとホンモノっぽい。

もしくは、
「DOV'E' UN TOILET?」(ドベ・ウン・トイレット?)

まあ、切羽詰まった気な顔でトイレ?と聞けば大抵は通じますが・・・・。

そうそう、日本に来たイタリア人の質問でよくあるのが、「日本のトイレの手を洗う所には、何故ペーパーが置いてない所が多いの?」という質問。

確かに、イタリアでは必ずと言っていいほど手を拭くペーパー、もしくはエアドライアーが置いてあります。

そういう質問をされた時には、『日本人は用意がいいから、皆ハンカチを持ってるから必要ないのよ・・・』と悔し紛れに言いますが、何を隠そう、私は「ハンカチを持たない派」なのでした。(小学生の頃からハンカチ・ちり紙チェック(私の行っていた小学校では、きちんとハンカチ・ちり紙を携帯しているか朝抜き打ちで検査をされることがありました)で、いつも怒られてました・・・・。)

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

23 : 59 : 04 | イタリア都市情報 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
グイド・ゴビーノ@伊勢丹
2006 / 03 / 09 ( Thu )
本日(3月9日)より3月14日まで、伊勢丹地下1Fホワイトデーステーションにて、(恐らく)今期最後の販売を行います!

サロン・ド・ショコラ、及びバレンタイン時期にご購入戴きましたたくさんの方々から、嬉しいメッセージや、お問い合わせを頂き、とても嬉しく思っております。

バレンタイン終了後にオファーを戴いたため、新しい商品、欠品していた商品などを再び揃えるための準備が大変でしたが、なんとか、間に合いました!

今回のテーマは『日本の春とグイド・ゴビーノ』。

ホワイトデーというよりも、日本の伝統文化や日本の美とグイド・ゴビーノのチョコレートを組み合わせる!というものです。
(もちろん、ホワイトデースペシャルパッケージもご用意しています!)

また、これからは桜の季節。

お花見の時に持って行くお菓子として、そして春のお祝いやご贈答、そしてそして、もちろん、ご自分のためのチョコレートとして、是非グイド・ゴビーノをよろしくお願いいたします!

PS.サロン・ド・ショコラにて大好評を頂ましたチョコレートクリーム2種(カカオ・ジャンドゥーヤ)も各40点と数が少ないですが、販売いたしますので、この機会にお買い求めくださいませ!!

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

14 : 05 : 40 | グイド・ゴビーノ NEWS | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ホンモノについて・・・
2006 / 03 / 06 ( Mon )
昨夜(日曜日)、私の敬愛する辰巳芳子さんが特集されていたTBSの番組『情熱大陸』を見ました。

書店で辰巳先生の本をたくさん売られているのでご存知の方も、また、この番組を見られた方も多いと思ったので、蛇足かとも思いましたが、念のため。

http://www5.ocn.ne.jp/~monika/main.htm

辰巳先生は、1924年生まれの料理研究家。
料理研究家と言っても、ただの料理の先生でもパフォーマーでもありません。私は、ほんの数年前に(やっとという感)『良い食材を伝える会』を通じて巡り会って以来ずっと尊敬させて頂いているのですが、筋金入りのザ・ホンモノを伝え、現在の日本の食文化に警鐘を鳴らしている方です。

日本の食卓に季節感がなくなったこと、『手ごろ』『簡単』『便利』というキーワードの元に本物の味や香りや栄養が忘れ去られてしまっている現代日本に危機感を持たれて、『本来の姿に戻る』というか、『本物を知る』ことの大切さを、年齢を全く感じさせないほどエネルギッシュに伝道されています。

日本語の美しい言葉で、「手しおにかける」 という言葉がありますが、これは、『手をつくして愛する』という意味が込められているとのこと。素材を知り、素材を生かし、食べさせる相手のことを考える。これによって相手も、「愛されている」という感情が言葉に頼ることなく伝わる・・・。

「料理を極めている人は、自然と『良い人』になっていくはずだ。」

と湯布院の老舗旅館でプロの板前さんたちに料理を教えるシーンでおっしゃっていました。

「美味しい物」って、本当に愛情を感じさせるものですよね。

特に私は食いしん坊だからかもしれませんが、

「誰かに食べさせようと思って丁寧に美味しい物を作る」

「丁寧に作られた美味しい物を選んで誰かに贈る」

これって、本当に愛情がなかったらできないこと。

そして、

「誰かが作ってくれた丁寧に作られた美味しい物を食べる」

これって、本当にその人の愛情を感じますよね・・・。

今朝は、辰巳先生に刺激されて、真摯な気分で週をスタートさせてみました!

皆様も良い1週間を!!!

テーマ:美味なるもの - ジャンル:グルメ

09 : 53 : 57 | スローフードな私的つぶやき | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
本格エスプレッソの楽しみ方
2006 / 03 / 05 ( Sun )
昨日(土曜日)、六本木の芋洗坂の中程にあるイタリアンバール、『バール・デル・ソーレ』にて行われたスローフード・セントラル・イースト
のイベントにお邪魔して来ました。

『バール・デル・ソーレ』は、2002年、2004年の日本バリスタチャンピオンの横山千尋さんのお店であります。
http://delsole.st

イベントでは、この横山さんがバリスタとしてイタリアで修行していた時の苦労話やら、美味しいエスプレッソの飲み方など、とっても面白い話を聞くことができました。

さてさて、皆様、バリスタって職業はご存知でしょうか?
バールの中でエスプレッソマシーンを操って「うまい」エスプレッソを入れるプロの珈琲士。エスプレッソはすでにメジャーだけれど、残念ながら日本ではまだまだこの職業の名前は知る人は少ない・・・。
エスプレッソは、もちろん豆や豆の挽き方にもよるけれど、入れ方にも美味しさがとっても左右されるので、イタリア食文化を語る上では、大切なプロの一つなのであります。

そこで、横山さんの話の中で「ふむふむ。なるほど!」と思った話をご紹介したいと思います。

◎イタリアのエスプレッソ文化と日本の抹茶文化は似ている!
-原料(豆・茶葉)が良くてはならない。
-泡立てて楽しむ。
-いわゆる容器(デミタスカップ・茶碗)が厚い。
-三口で飲む!

最後の、三口で飲むというのは、そう、私もイタリアで教わりましたが、お抹茶も確かにそうですよね~~。(デミタスカップは回さないけど・・・)

で、その正しいエスプレッソの飲み方とは!

1.砂糖を入れる。
(イタリア人、及びラテン系民族の人たちは3杯も5杯も砂糖を入れる人はさておき、エスプレッソは1~1.5杯ほどの砂糖を入れて楽しむ飲み物だそうです。ちなみに、私のイタリア人の友人でも砂糖を入れない派がいますが、極少数。そういう場合、だいたい75%の確率で『俺自身がスイートだから砂糖は必要ないのさ』というセリフを吐きます。)

2.よくかき回す。
(この場合の砂糖は、できればグラニュー糖がベスト。固まっている砂糖(よくある角砂糖ではない)を出してくれるお洒落な店があるけれど、エスプレッソは普通の珈琲よりも温度が低いので、このお洒落な砂糖はなかなか溶けないのだそうです。)

3.そして3口で飲み干す。(最初の一口は苦くて、最後に行くほど甘くなっていく。)

4.下に残った砂糖をスプーンですくって舐める。

(この4番が、茶道のお茶菓子に相当・・・)


そうそう、今思い出しましたが、イタリア料理屋さんのデザートタイム。コーヒーはどのタイミングで召し上がりますか?

もちろん、そのイタリア料理屋さんが3口で飲む用のエスプレッソを出すか出さないか、そして何を飲むかにもよりますが、私の友人の店では、コーヒーのタイミングを「日本方式」にするか「イタリア方式」にするかを尋ねてくれる所があります。

日本方式は、デザートと一緒ですよね。
イタリア方式は、デザートの後にコーヒー。
なぜならば、エスプレッソだと3口で終わってしまうし、ぐずぐずしていると冷めて美味しくなくなってしまうので、どう考えてもケーキと一緒には食べられない。そう、何しろ、エスプレッソは3口で終わる飲み物ですから・・・。

横山さんから伺った話でお~っと思った話2。

◎デミタスカップは、カップを持って口に運ぶ時の手から腕の曲線が最も美しく見えるようにできている!

なるほど。デミタスカップの持ち手の穴は普通のコーヒーカップよりも小さいので指は入れられません。その穴に親指と人差し指を添えるようにして持って口に運ぶ・・・。
ちょっと恥ずかしくて、自分がエスプレッソを飲んでいるところなんて鏡でチェックできませんが、今度、誰かが飲んでいる所をこっそりとチェックしたいと思ってます♪

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

21 : 40 : 58 | イタリア食文化! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
無料ホームページ ブログ(blog)