スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
うまいモン所 ピエモンテへ♪(その1)
2006 / 06 / 21 ( Wed )
出発時間ギリギリにヒースロー空港に到着しましたが、ちゃんと連れて行ってもらいました。イタリアへ。

ミラノの小さい方の空港『リナーテ空港』に飛行機は到着。そこからミラノ中央駅までバスで行き、インテルシティ・ピウ(ピウとはプラスという意味。普通のインテルシティよりもちょっと良いのか・・・?)トリノへと直行しました。

でも、ちょっと迷いました。トリノへ直行するか、それともミラノの駅から徒歩10分くらいの馴染みの店へ行ってご飯だけでも食べて行くか??

ミラノに滞在する時は、タクシーに乗ってでも毎日のように通ってしまう店があります。ナポリ料理の店で『サレルニターナ』という名前のピッツェリア・リストランテなのですが、そこがもうサイコーにウマい♪(特に魚介類のたっぷり入ったトマトソースのにピッツァの生地を被せて焼いてある料理は必須)
しかも、毎日のように通い詰めた結果、そこのオーナーのミンモと仲が良くなり、その陽気なナポリ人オーナーに、『お前たちはただ黙って席に座っていればいい。後は俺にまかせとけ』と言われ、デザートから食後酒まで歓待してくれるので、絶対ミンモの店に行ったら今日中にトリノへは行けないだろう~・・・と考え、泣く泣くあきらめてトリノまでの切符を購入しました。。


ちゃんと座席を予約してあったコンパートメントの中に入ると、いつもながら我々の席には既に人が座っていて、(この後どうなるか分からないし)とりあえず席を空けてもらうと、そのコンパートメントの中はヴェネツィアから乗って来たという品の良さそうなおばあさんと我々。

席を陣取っていた人をドカせるという私の作業を見ていたそのおばあさんは、自分の若い頃の話やら現在の家庭の状況やらをおもむろに私に語り始めました。

とっても上品に見えるけれど、若い頃はとっても苦労していたそうで、ヴェネツィア近郊の農家に生まれたけれど、戦争が終わると大家族を農家の収入ではまかないきれずに、トリノに出稼ぎに行ったとか・・・。

そこで、ご主人と出会い、恋に落ち、結婚し、3人の子供をもうけ、幸せに暮らすもそのご主人(どうやらイケメンだったらしい)は、脳溢血を起こして倒れて入院。幸運なことにその後回復の兆しを見せ退院することができたけれど、どうしても山に行きたいというご主人の希望を叶えてあげるために、山へ一緒に登ったけれど、その後体調を崩し、再び倒れて10年前に他界。

ご主人亡き後、どうしても自分の故郷に戻りたくなりヴェネツィア郊外の故郷へ戻り、便の良い場所に小さなアパートを購入し、そこで一人暮らしをしているのだとか。

その日は、1年ぶりに孫の顔を見にトリノへ行くとのこと・・・。

なんと、そのおばあさん、御年83歳。
ミニスーツケースをゴロゴロ持ち、一人で列車に乗り、孫に会いに行く・・・。タフで素敵なおばあさんでした!!

我々が降りる予定のTORINO PORTA NUOVA駅の一つ手前のPORTA SUSA駅で降りるまで、そのおばあさんは約1時間半、永遠と身の上話を語り続けてました。

そんな元気なお年寄りに接すると、イタリアっていい所だなぁ~と改めて感じたのでした。

次回ネタのお知らせ:
次回は、お待ちかね、ピエモンテ州グルメ情報を書くつもりです~♪
こちらもポチリと是非ご協力くださいませ!!


スポンサーサイト

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

01 : 25 : 52 | イタリア食文化! | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
<<うまいモン所 ピエモンテへ♪(その2) | ホーム | 番外編:ロンドンでの苦難>>
コメント
----

なんとたくましいおばあさん!!
私、仕事柄老人との関わりが多いのですが、そんな元気老人見たことないわ~v-510

それにしても、バリエさんはイタリア語ペラペラなんですね!うらやまし~!!どうやって勉強したんですか?
by: nica * 2006/06/21 22:00 * URL [ 編集] | page top↑
--年寄り?--

イタリアの年配の方々は元気ですよね。年寄りの言うのがなんだか失礼なような・・・・。
電車に乗っている時間も話しをする人がいるから飽きないですよね。

P.S
リンクさせて頂いてよろしいですか?
by: aki * 2006/06/22 23:57 * URL [ 編集] | page top↑
--コメントGRAZIE!--

nicaさま
ほんと、たくましいのに上品なんです。(おしゃべりだけど・・・)それに、なんと、自分で網棚からそのコロコロバッグを降ろそうとさえするんですよ。さすがに、『そんなことしちゃダメよ』と、私が降ろしてあげましたが、『自分で上げたんだから、降ろせるわよ♪』と・・・。
脱帽でした!
私のイタリア語ですか?ペラペラじゃないですよ。お恥ずかしい限り・・。ただ、ガイジンだから間違えるのは当たり前!と図々しく喋ってるだけです~~♪

akiさま
リンク、喜んで!!ありがとうございます。
確かにイタリアの年寄りは我々の『年寄りの概念』を覆すような人が多いですよね。

特にコンパートメント型の電車は、他の人とのおしゃべりが楽しいですよね♪
by: バリエ * 2006/06/23 01:24 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://barieinter.blog14.fc2.com/tb.php/113-a1908a4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
無料ホームページ ブログ(blog)