スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ドライビング・テクニック@イタリー その1
2006 / 07 / 18 ( Tue )
大変暫くぶりでございました!そして、申し訳ありませんでした!!!

イタリアが恐怖のバカンスシーズンに入ってしまう前に、今回の出張で見つけてきた『美味しい物たち』の発注作業に忙しく、ブログの更新が滞っておりました!!
それらの『美味しい物たち』が無事に日本に到着すること、そして皆様のお手元に行き渡ることを祈りつつ、久々の更新をさせて頂きます。
(美味しい物たちの紹介はまた改めていづれ!!)

さて、久々にご披露するネタは、イタリア式ドライビングテクニック!

出発前にも散々言っていたと思いますが、今回は初めてレンタカーを借りてトリノ→アルバ→トリノ→モナコ→モデナ→ボローニャまで、かなりの距離を走ったわけでありますが、その時のことを書こうと思います。

まず、借りた車はこれ!
punto.jpg


FIATのプント・グランデ。しかも新車でした。。。
ちなみに1週間借りたお値段は、車代だけで235ユーロ(約34000円)。保険やら税金やらを含めたトータルのお値段は470ユーロ(約6万8000円)也。

この値段が高いのか安いのか?日本でレンタカーをしたことがないので『?』ですが、まあ、いずれにせよ、重い荷物を持っていつ来るか分からない電車を待ったり乗り換えたりすることを考えれば、バチが当たらない価格です。

さて、まず問題となるのが街中の運転。
トリノと言えども都会は都会。車の量は多いし・・・。それに、曲がり方すら分からない。どこを走ればいいのかさえ、大袈裟かもしれませんが分からないのが実際。
しかも周りを走る車は、皆、1位でゴールを狙っているアスリートたちのよう。

まず気づいたことは、大きい通りに車線がない!
なので、日本人の感覚としては3車線位かなと思っていても、ちょっとした隙間さえあれば後ろの車はヨコにつけてくるので、4.5車線位になってしまいます。

これは、実際怖かった・・・・。

普通ならのろのろ走っていると、ブーッと後ろからクラクションを鳴らされて、『すまんすまん!』と手でも上げておけば済むのだけれど、なぜか隣に来る。そして抜き去って行く。

もちろん日本とは逆で、右側通行だから右折が小回りで左折が大回り。
田舎道で1度だけ正面衝突しそうになりましたが、これは難なくクリア。
しかし、大きい道を右左折する時には、どこの車線にいれば良いのか??慣れるまで大変でした。
というのも、前に走っている車を見習って、『おお、側道に入ればよいのか~』と思っていても、メイン車線からグインと曲がってくる車もいるし・・・・。まあ、どういう方法を取っても他の車とぶつかることなく行きたい方法に行くのが正解だと思って慣れました。

そして、もう一つ、日本にないもので慣れればとっても便利だけれど、慣れないとどこから車が来るのか、どこをどうやって走ればいいのかが分からなかった、『ROTONDA』(ロトンダ)。
英語では『ROUND ABOUT』(ラウンド・アバウト)というそうで、要は信号のない交差点。

rotonda1.jpg


信号に引っかかることなく、スムーズに交差点を通過することができる優れもの。(慣れれば・・・)
はじめのうちの数回は、このロトンダを上手く利用できずに、目的の方向に曲がることすらできずに、何回もグルグルと回ってしまいましたが、助手席に乗っていたロンドン育ちのパートナーの指導のおかげで3日目くらいに無事制覇!

そうそう、イタリアのドライビングテクニックで最も大切なことの一つは、目的地までの行き方を知っているかどうか???
イタリアの標識は、とっても分かりづらく、こんなこともあるそうです。
big_1385_fotoreporter_eolie.jpg


この写真が掲載されていたサイトによれば、これは合成でも何でもなく、実際にあるものだとか。
そう!問題は、標識を見てもどっちに行ったらいいのかが分からないのであります。ひどい標識になると、TUTTA LA DIREZIONE(全ての方向)
という標識まで存在します。

いくら、全ての道がローマに通じるとはいえ・・・・。

ドライビング・テクニック@イタリア、まだまだ続きます♪
スポンサーサイト

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

02 : 23 : 53 | イタリア豆情報! | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<ドライビング・テクニック@イタリー その2 | ホーム | 番外編:イタリア優勝おめでとう♪>>
コメント
--車は恐いですよね・・・--

車の運転は本当に注意が必要ですよね。幾ら自分が注意していても他の人が・・・。
そして標識は当てになりません。
いくら標識を見ていても、突然標識なくなっていたりしますしね~~~。
by: aki * 2006/07/18 14:32 * URL [ 編集] | page top↑
----

イタリア人の運転は本当に怖いけど、でもみんなこんな感じなので、うまくかわしてもくれる優れもの(?)。
私も運転しますが、近所か、ナビをつけて運転しています。でも、道もよく変るのでナビもアップデートしないと時代遅れの代物になってしまいますが...
by: Riccia * 2006/07/18 22:02 * URL [ 編集] | page top↑
--コメントGRAZIE!--

akiさま:
お久しぶりです♪
確かに・・・。車がどこから自分に近づいてくるのか予想できないのが怖いですよね。。
そうそう、そして、頼りにして辿ってきた標識が突然なくなる・・・。そういえばそういうことありますね!!

Ricciaさま:
確かに・・・。イタリア人はうまくかわしてくれるというのも本当かも。。
それに、道もよく変わるのですか~~。
それにつけても、昔は盗まれるからと言ってラジオも車から降りる時は外して隠していた頃から考えると、ナビをつけてる車も多くなりましたよね~。(その頃は絶対ナビなんてイタリアでは普及しないだろうなって思ってました。)
私も道が不案内だったので、ナビ付きレンタカーを借りようと思ったのですが、ナビは借りた事務所に返却しなければいけないという決まりがあったので泣く泣く諦めました!!
そういえば、タクシーによく取り付けられている簡易ナビで矢印だけで表示される物って知ってますか~?
by: バリエ * 2006/07/19 00:24 * URL [ 編集] | page top↑
--待ってました~--

ドライビングシリーズ、楽しく読ませていただきました。
タクシーに乗っているだけでもあまりの飛ばしぶりにびびっていた私なので、自分で運転されたバリエさんを尊敬してしまいます~v-405

どっちに行ったらいいのか分からない標識、うちのブログで紹介したイタリアを風刺したアニメーションでもありましたが、まさか実物を拝めるとは・・・さすがイタリア!って感じですね。本当にどっちに行ってもいいのかな・・・?
by: nica * 2006/07/20 10:40 * URL [ 編集] | page top↑
--コメントGRAZIE!--

nicaさま:
楽しみにしていただいて光栄です!
いやいや、尊敬なんて・・・・。必要なのは勇気と根性です♪

そうそう、そうなんです。nicaさんのブログで見たアニメの実写版ですよね~。私も、これは本物を拝んだ訳ではないのだけれど、イタリア人のタクシードライバーでさえ、イタリアの標識は難しい・・って言ってましたよ!
by: バリエ * 2006/07/22 18:16 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://barieinter.blog14.fc2.com/tb.php/118-1271fead
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
無料ホームページ ブログ(blog)