スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
お盆は終わってしまったけれど・・・『怖い話』特集2
2006 / 08 / 21 ( Mon )
前回とはうって変わって現実的な怖い話。


少し前に、フランスで起こった労働法改正しようとした時のデモ騒ぎは記憶に新しいことですが、イタリアでも同様のもめ事がフランスよりも前に起こっていました。

有名な話ですが、イタリアでは労働組合の力がとても強い。よって、労働者の権利は篤く保護されており、不当解雇は厳しく制限されています。

しかしながら、これに伴い、正当である解雇も正当であると認めさせるには大変だそうです。
例えば、会社から金品を盗んでいた場合でも、裁判では、賃金が不当に安いために会社のお金に手をつけざるを得なかった気の毒な件であると解釈され、罪は不問。解雇も当然不当。どちらかと言えば、悪いのは安い賃金で働かせていた雇い主となってしまう場合が多いとか・・・。

具体的な例も出してくれました。

イタリアの空港職員による手荷物窃盗スキャンダルは、マスコミにも大きく取り上げられたので覚えてる方もいらっしゃると思いますが、空港職員が搭乗客が預けた荷物を開けて、物品を盗んでいたところが隠しカメラで撮影されていたということがありました。

私の友人によると、結局のところ、この時に盗みを働いていた職員も解雇は免れているとのこと・・・。


『じゃあ、どういう場合に正当な解雇であると認められるのか?』と、聞いてみました。
友人曰く、『悪いことを3回以上犯した場合』であるとか。

イタリアでも、仏の顔は3度まで・・・。

3回被害に合う方はたまったものではありませんが、情に篤いイタリア的解決方法なのかもしれません。確かに、反省の機会は与えて更生を待つべきだと思いますし、罪を憎んで人を憎まずなのですが・・・。「ちょっとした出来心」ということもあるし。
それに、罪をデッチあげたりしてまで不当に解雇しようとする悪徳経営者もいるだろうし・・・。

家族主体の小さな工房を経営しているそのイタリアの友人曰く、『イタリアでは、従業員を雇うことは結婚するより難しい。』

働く人の権利が守られている良い国なのか、人間が犯してしまう悪事に寛大な良い国なのか、それとも、ズルがしこい人間が得をし、良いことをする真面目な人間がバカを見てしまう怖い国なのか?

それも、そこに住んでいる人間次第。

悪事とは全く関係ない、心が真っ直ぐで温かくて素直ないい人がイタリアにはいっぱいいるからこそ、私も大のイタリア好きなんですけどね♪

ランキングへの投票に、よろしければご協力を♪ 


スポンサーサイト

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

09 : 05 : 03 | イタリア人気質って・・・ | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
<<お盆は終わってしまったけれど・・・『怖い話』特集3 | ホーム | お盆は終わってしまったけれど・・・『怖い話』特集>>
コメント
--労働者の権利もいいけど--

労働者側の権利ばかりが強くなってしまうと、それも問題ですね。労働者の権利と雇用者の権利の強さは、いっしょでないと。

イタリアでは、罪を犯したものを雇っていても、世間はあまり気にしないのですか? 日本では雇用者よりも世間と言うか、お客さんの方がすごく気にしますよね。

日本の公務員と似た感じなんですね。日本の公務員も、法律で規定されているらしく、めっったにはクビになりません。あ、医者もですね。誤診で訴えられまくっている医者でも、免許が剥奪されることは、まずない、…と。

どちらにも言えるのは、バランスが崩れた場合に一番迷惑を被るのは客の方ということですね。やだやだ・・ i-181
by: valvane * 2006/08/30 09:56 * URL [ 編集] | page top↑
--valvaneさま--

コメントありがとうございます♪
確かに・・・!
雇い側と雇われ側の他に、お客さんという大切な存在がありますよね。空港の件に関してお客さん側の世論はどうだったんでしょうね。

日本の公務員の制度ってそうだったんですか・・。医師や学校の先生の犯罪と免許剥奪に関してはとっても気になりますよね。。
by: バリエ * 2006/08/31 08:58 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://barieinter.blog14.fc2.com/tb.php/133-28229af5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
不当解雇
不当解雇とは? 不当解雇【2006/10/17 20:34】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
無料ホームページ ブログ(blog)