スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
スローフード的考察3
2005 / 12 / 09 ( Fri )
『人間は機械じゃないんだ~!』

イタリアの小さいメーカーと話をしているとよく出てくるセリフ・・・。

銀河鉄道999(←年代がバレます)じゃないのに、こんなセリフが出てくる話題とは、日本に輸出する商品に関して。

例えば、買い物をする時、こういうことに気付いたことありませんか?

○ボトルに貼っているラベルがなんとなく斜めになっている。
○何本か店頭の棚に陳列されている商品に貼られているラベルの位置が微妙に違う。
○裏ラベルの賞味期限が手書きだった。

などなど・・・。

既に日本に輸出を始めているイタリアのメーカーと、『テコ入れ』的なご挨拶に行くときは、日本側のクレームを伝えてを解決することが多いのだけれど、その時によくイタリア人が言う言葉が冒頭の言葉。

それを受けて私。

『そりゃそうだけど、イタリアじゃどうなの?ラベルが曲がって貼られていたら嫌だと思わないの?まっすぐにきちんと貼られている商品を買いたいって思わないの?』

するとイタリアチームは、

『だって、曲がっているっていうことは心を込めて手作業でやっているっていう意味じゃない?オートメーションで作られている物よりも手作業で作っているって思う方がいいじゃない?』

ちょっと詭弁だと思うけど、コンセプトは確かに理解できる。。

そこで、折り紙の国、日本人の私が出した無難な結論。

『手作業の良さは認めるけど、もうちょっと丁寧にやってね♪』

イタリアは職人の国。
あの、超高級イタリア車だって、職人の手作りがベースだから高いわけだけれど、窓ガラスに髪の毛が入っていたりという手作りならではの欠点も起こったりするらしい・・・。(もちろん車としての性能に問題があるわけではないけれど)

イタリアの状況に慣れている私でも、『短時間に大量の商品を作れて当たり前。』って思ってしまっている時があることにハタと気付く。

こういう日本的要望を叶えようとして機械を導入したはいいものの、日本でのブームが去って発注数が激減して工場を維持できなくなってクローズを余儀なくされた小さなメーカーも結構あるらしい。

手で加工する商品は、それを加工する側の限界が関わる問題だから『努力が足りない!』っていう結論に結びついてしまう可能性もあるけれど、これが、加工作業が必要のない天然の物だったらどうだろ?

そう、農作物や魚や肉。

しかし、こういう物さえも、今は自然をコントロールする人間の手が入っているから、季節に関係なくいつでも旬じゃない野菜や養殖した魚が食べられる。

だから、『自然の物は未曾有にあるわけではない』っていうことすら忘れてしまうし、なんとなく『あって当然』という考え方も生まれてしまう。

コンピュータ制御の機械があって当然という考え方は、もはや100%捨て去ることはできないと思うけれど、地球に存在する自然の一部である人間としてやっぱり忘れちゃいけないし、越えてはいけない一線もあると思うな。。

人間が『人間サイズ』でいるっていうこと、なんだか難しくなってきたけれど、立ち止まって考えることも大切だよね。

ブログなんていう人間サイズを無視したコミュニケーションツールに書くのはすごく矛盾していると思うけれど・・・。
スポンサーサイト

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

09 : 33 : 08 | スローフードな私的つぶやき | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<物の価格と物の価値って? | ホーム | スローフード的考察2>>
コメント
----

日本のお店って、誰が考えてそうなっているのかわからないけど、やたら高いものばかりなんですよね。
スィーティという新しい果物がいっときもてはやされましたが、原産国イスラエルを取材した番組をみた時、日本の嫌なところを知ったなぁ、と思いました。
曰く、「日本向けにはこれじゃなく、あっちの【最高級品】しか出荷できないのよ。そうじゃないと、売れないの。」。

最近は見直す人も増えてきましたが、それでも「まっすぐなキュウリ」「くぼみとかのないトマト」とかじゃないと、日本人はダメなんですね。でもその下らないことのために、どれだけお金が掛かっているか。そしてその掛かったお金が、私たちが買うときの価格になって跳ね返ってきているか、わかってないんでしょうか。
でもって、そういうのしか買わない→売れないから、そういうのばかり店には置かれるようになって、私たちは安くていいものを買う選択肢を失うことになるんです。
下らないことにばかりこだわって、自分で自分の首を絞めているんですよね。
by: ガナッシュ * 2005/12/10 23:36 * URL [ 編集] | page top↑
----

確かに・・・。舶来物は高級だっていう敗戦時に日本人の心に定着してしまったイメージ払拭するのって難しいですものね。

ただ、値段を上げようと思っていないのに、高くせざるを得ない理由というのもあります。そう、関税・・・。乳製品や甘い物は関税がとっても高いのです・・。

そしてそして、形だけを気にする農産物の話は私もいつかブログで書きたいと思ってたことなので、また改めて記事にしますね。
コメントありがとうございます!!
by: バリエ * 2005/12/12 00:13 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://barieinter.blog14.fc2.com/tb.php/46-66730fc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
無料ホームページ ブログ(blog)