スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
愛しの地 ベネチアその1
2005 / 06 / 22 ( Wed )
イタリア関係の仕事をして、年に何回もイタリアに行くようになっていると、よく聞かれるのは、「イタリアで一番好きなのはどこ?」という質問。もしかしたら、特殊な場所を期待して聞かれているのかなぁ、なんて思いながらも、堂々と言ってしまう。「ベネチアです!」って。

ベネチアは、説明することもないとは思うけれど、アドリア海の最深部、ベネチア湾にできたラグーナ(潟)の上に築かれ、ヴェネツィア本島は大きな魚のような形をしており、その真ん中を逆S字形に「大運河(カナル・グランデ)」が流れている。また、島のあちこちを細い運河が流れており、約180の小さい島に約400の橋がかかってできているかに見える水の都。生活に関わる輸送や移動手段は船で、自転車さえも見かけることは滅多にない。

私の夢は、ベネチアに家を買うこと。

そんな話を、数少ないベネチアっ子のイタリア人の友人に話をしたら、故郷を誉められたことで鼻をピクピクさせながらも、そんな外国人がたくさんいるからベネチアっ子がベネチアで生活するのが難しくなるんだよ~!と文句を言われた。
生粋のベネチアっ子というのも、生粋の江戸っ子も、とても数が少なくて、ベストスポットを新興勢力に占有されてしまっているっていう点が共通している。(ちなみに、私は下町出身の江戸っ子)

ベネチアの、いわゆるイタリア本土から離れている部分に生活するのはとっても大変らしい。家賃も東京のベストスポット並みもしくはそれ以上。それに家(アパート(日本で言うところのマンション)の1室も含めて)を買うとなったら、もちろん物件は少ないし、改修工事にもお金はかかるし、そりゃ大変なことになるらしい。
しかも、いくら高くても、世界のVIPやセレブはお金に糸目をつけずにボ~ンと買ってしまうので、市場価格が下がることはない。(特にカナルグランデ沿いには、世界に名だたるVIPやセレブの持ち物であると言われる建物がたくさんある。)
だから、一般のベネチアっ子にはだんだん手が届かなくなるのは当然のことで、運良く、家族代々の家に住める人はよいけれど、実家の近所に新しく家を買って新生活を始めようなんてことはかなり難しいので、イタリア本土側の郊外に引っ越すか、他の街に新たな新天地を見出すか・・・という選択に。

ベネチアに家を買って、自分がその家を使わない時には、観光客に部屋を貸して・・・・というのが私の夢だったのだけれど、それを既に実行している人はイタリア人も外国人も含めて結構多い。
現在の私は、まだ、(ずっとじゃないことを祈ってるんだけど)その恩恵に預かる立場である。

ベネチアに遊びに行くなら、少なくとも1週間くらいはゆっくりしたい。それに、できるなら、汚い所じゃなくって少しでもきれいで落ち着ける所に宿泊したい。でも、そんなホテルに1週間以上ステイする程のお小遣いを捻出することは難しい・・・・。そこで、選択したのは、短期貸しアパート!
もちろん、場所や滞在期間や広さなど、色々な条件次第であるけれど、大体1日あたり100ユーロ位が相場かな?もちろん、1人あたりではなく、1部屋なので、複数の友達と一緒なら、(ベッドルームは1つだけれど、大体ベッドとしても使えるソファベッドが置いてあるから、4人くらいまでなら大丈夫なはず。)かなりのお買い得♪

私がいつも借りているアパートは、ベネチアビエンナーレも開催される「ジャルディーノ」の近くにあるアパート。ここならば、サン・マルコ地区やリアルト地区に遊びに行くにも、水上路線バスの「ヴァポレット」に乗れば比較的すぐだし、しかも、中心地の観光客の喧騒とも関係なくなり、まるでベネチアに住んでいるかの如く、近所の八百屋で買い物したりできるので、とてもお気に入りなのである。

マルコポーロの遠縁を語るいんちきベネチア人になる日を目指して、ベネチア訛りのイタリア語に磨きをかけなければ・・・。あっ、一番大事なのは、軍資金か???venezia1.jpg

スポンサーサイト
23 : 41 : 14 | イタリア都市情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<愛しの地 ベネチア その2 | ホーム | イタリア留学プチ情報 その1>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://barieinter.blog14.fc2.com/tb.php/5-db188cc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
無料ホームページ ブログ(blog)