スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
イタリアのクリスマスと言えばパネットーネ♪
2005 / 12 / 20 ( Tue )
私が取り扱わせて頂いているムッツィのパネットーネが、昨日(月曜日)のフジテレビの朝の情報番組『得ダネ!』で紹介して頂きました!!

ということもあって、喜びながら『パネットーネって何?』という方へもちょっとご説明も兼ねて(←もはや言い訳)またもや、コマーシャル記事です。

パネットーネとは、バターと卵、そして小麦粉にパネットーネ菌と呼ばれる天然酵母を加え時間をかけて発酵させた、レーズンとオレンジピールが入った山型のほのかに甘いパンケーキで、イタリアでは、クリスマスを含めた年末年始の風物詩的な商品。この時期、空港の売店から街の小さなお菓子屋、そしてスーパーマーケットで、パネットーネは高く高く上げられていると思います。

パネットーネの発祥の地はミラノ。「日保ち」が良くて、栄養のある美味しいパン(ケーキ)を作ろうと、そう、日本人のおせち料理的感覚で発明されたようです。

さてさて、ムッツィのパネットーネのどこがスゴイのか、どこが他のメーカーとは違うのか?

1795年創業のイタリア有数の美味しいパネットーネを作る昔ながらのパスティッチェリア(お菓子屋さん)であるということ、そして、初代から現在に至るまで、伝統のレシピを代々受け継いでいるということ。

他のメーカーの物と、まさに一線を画すのが生地の美味しさ♪
パネットーネというと、大抵がパサパサしているのですが、ムッツィのパネットーネは、しっとり、もっちり。この違いは、長時間かけて発酵させ、きっちりと焼いていることだそうです。

もちろん、ムッツィのパネットーネのラインアップにも、手ごろな価格で買える商業ベースラインもあります。しかし、私がご紹介させて頂いているのは、ムッツィのパネットーネの中でも最高品質のパネットーネであるUSO MILANO。USOとは、『嘘』ではなくって、英語で言う『ユース』。なので、本家ミラノユース(風)。

原料にこだわりぬき、作り方も十分すぎるほど丁寧に。そしてラッピングも一つ一つ手作業で行った極上品。

生地のおいしさとともに、こだわっているのがレーズン。質の良いレーズンをDOCGの白ワインのモスカートに浸しています。
私も、本来レーズンはあまり好きでなく、レーズンパンなどレーズンをほじって出してしまっていましたが、このパネットーネに入っているレーズンは本当に美味しいです。

う~ん、やはり『百読みは一食にしかず!』。
伊勢丹新宿店の地下食料品売り場のマ・パティスリーへ会社帰りへ直行してください!!テレビ放映された関係上、とってもとっても売れているようです。本当に数に限りがあるので(私が輸入した分しか日本に存在しない・・・)お急ぎください。

もしも、今年手にいれることができなかった方は、来年のご予約も今から受け付けています!

何しろ、美味しい物を作るために必要なものは、良い素材と美味しく作る知恵と、それにたっぷりとした時間。
ムッツィのUSO MILANOのパネットーネは、なんと半年前の6月に予約をしないと作ってもらえないのです。。。。

最後に、既にパネットーネを手に入れて頂いた方へ。
防腐剤を使っていませんが、人智で考え出された自然の防腐効果(発酵と焼き)のみで来年の4月末まで賞味期限がありますが、これは未開封の状態での賞味期限です。
もちろん、焼きたての方が美味しいです。『もったいない』という気持ちは本当に理解できますが、なるべく早めに封を開けて、封を開けたらそれこそ早めに召し上がってください。
長時間空気に触れると、せっかく美味しい生地の表面がパサパサしてきてしまいます。開封したら、パネットーネが入っているビニール製の内袋をしっかり閉じて保管してください。そして、防カビ剤など一切入っていないので、自然の摂理に応じてカビが生えます。

なので、お早めに美味しいうちに美味しく召し上がってください!
食べ終わったら、来年また食べるのを楽しみにしながら・・・。
20051220102045.jpg

提供はバリエインターナショナルでした!
スポンサーサイト

テーマ:クリスマスケーキ・ディナー等関連食材 - ジャンル:グルメ

10 : 21 : 17 | イタリアお薦め商品♪ | トラックバック(3) | コメント(3) | page top↑
<<あけましておめでとうございます♪ | ホーム | 少しは明るく。クリスマスネタ♪>>
コメント
----

バリエさん、Buon Natale!!
今年はパネトーネには縁がなく、シュトーレンばかりでした。
バリエさんおすすめのパネトーネは来年のお楽しみにします。
良いクリスマスをお過ごし下さい。
by: vivnyanco * 2005/12/24 15:41 * URL [ 編集] | page top↑
--パネットーネ--

たべたくなるおいしそうなパネットーネですね。
わたしもトラックバックさせてくださいね。
by: AI * 2005/12/25 00:35 * URL [ 編集] | page top↑
----

vivnyancoさん、メリークリスマス♪
そして、AIさんも、コメントとトラックバックありがとうございます!
昨日クリスマスパーティで帰宅が遅かったのですが、謎の間違え電話で早朝に起こされてしまいました・・。どなたかの田舎のおばあちゃんが、電話番号を間違えていることに気付かずに、娘か息子か孫からのクリスマスプレゼントのお礼を私の留守電に残してくれたのですが・・。おばあちゃんのお礼の気持ちが、ちゃんと伝わることを祈りつつ・・・。(←関係ないですね)
by: バリエ * 2005/12/25 09:48 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://barieinter.blog14.fc2.com/tb.php/52-db195b4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
待ち遠しいもの
もうすぐ、クリスマスがやってきますね。 今年はちょうど土日に当たるので、待ち遠しく思っている人たちもたくさんいることでしょう。 東京は週末も晴れそうですから、イルミネーションもきっときれいでしょうね。(新潟や札幌の方は雪のようですが) 人ごみの苦手な僕は、 after 911【2005/12/20 19:54】
パネットーネ 3
歴史家であり作家でもあるイタリア人ヴェッリ氏の説がパネットーネの起源の3つめです。9世紀の終わり頃からミラノあたりではクリスマスを祝うため家族が暖炉の前に集うようになり、そこで家の主は大きなパンを切り、皆に分け与えました。それは”分かち... una piccola vita affettuosa【2005/12/25 00:40】
パネットーネについて-お菓子先生
パネットーネパネットーネ(伊:''panettone'')は、イタリアの伝統的な菓子パンの一つ。ミラノの銘菓。クリスマスの前4週間(待降節)には各家庭で焼かれ親族や友人に配る習慣があり、この時期になると大きなパネットーネが家の中にゴロゴロしていたが、現在はパン屋で購入 お菓子先生【2007/02/15 02:10】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
無料ホームページ ブログ(blog)