スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
チョコレートのウンチクあれこれ その2 『チョコレートの原料って?』
2006 / 02 / 22 ( Wed )
本物のチョコレートって何からできているか知ってますか??

世の中、知ってるようで、実は知らない事ってありますよね~。

このブログでも、バシバシと宣伝してしまっているので、これ以上言う必要はもはやないと思うので名前は「敢えて」出しませんが(笑)、イタリアの美味しい美味しいチョコレートを輸入販売しています。

輸入食料品を販売する時には、商品の裏に貼るシール(私は『輸入者シール』とか『裏バリ』とか呼んでるのですが・・・)を作らなければいけません。もちろん、その前に、今問題で注目を集めている厚生労働省の厳しい検査を受けなければならなく、そのために、チョコレートの原材料が何か?どのように作られているのか?という細部にわたる書類を作成しなければいけません。

本物のチョコレートの原材料は、カカオとカカオバターと砂糖。これだけで、チョコレートは作れます。というか、本来のチョコレートの材料はこれら3つ。それに、風味を増すために、グイド・ゴビーノではマダガスカル産(ブルボン産と呼ぶ)の天然のバニラビーンズ、また、ジャンドゥーヤにはなくてはならないヘーゼルナッツと粉状にして全乳を加えています。

カカオ重視のブラックチョコレートである『チャルディーネ』には、ヘーゼルナッツは入っていないので、カカオとカカオバターと砂糖とバニラビーンズのみ!

さて、巷にはたくさ~んの種類のチョコレートが出回っています。
美味しい物も美味しくない物も、高い物も手ごろな価格の物も。

チョコレートを買う前に、ちょっとだけ商品を裏返して、原材料をチェックしてみてください!

チョコレートを練り上げる時に均一に練り上げるために必要な乳化剤として、大豆由来のレシチンを使用しているチョコレートが多い。(ゴビーノも使用している安全な物です!)

しかし、ちょっと待った!植物油脂?!

カカオから抽出した油分であるカカオバターは植物由来の油脂であるはず。(物の本によると、カカオ豆には58~53%のココアバターが含まれているそうです。豆知識!だからバターとは言うけれど、動物性ではないのでご注意あれ!)しかし、それに植物油脂が入っているということは・・・?!。

<<日本でチョコレートの区分としてココアバター以外の植物油脂を含まないチョコレートを強調して、『純チョコレート』と言う。一方、ココアバター以外の植物油脂を含むものは『準チョコレート』と呼ばれる。>>

発音したら、両方『ジュン・チョコレート』なのに・・・。なんか紛らわしいし、私個人的にも、今まで、この『ジュン・チョコレート』という呼び名は聞いたことなかったし、また、意識もしてませんでした。

これって、いわゆるアイスクリームとアイスミルクとラクトアイスの違いのようなものか???(こちらはきちんと記載してあるけれど)

工業が発達して、色々な物を使って便利に大量生産できるようになった恩恵か、弊害か・・・・。扱いは容易になったけれど、いつの間にか本物の味が何だか分からなくなってしまうのはちょっぴり悲しい気もする・・。実際、カカオバター以外の植物油脂を使っている方が、温度変化によってチョコレートの表面が白くなってしまう『ブルーム』現象が起こりにくいらしい。(ブルーム現象とは:チョコレートが高温(28℃以上)に置かれると、ココアバターが溶けて表面に噴出し、その後冷えて固まるときに白く粉をふいたような状態になること。)それに、口どけ、食べたときの感触、デザイン、形を重視したチョコレートを作るには、植物油脂が必要だったり、暑い夏に溶けにくいチョコレートを作るには植物油が必要だったりするらしい・・・。

さて、どうやら、イタリアでも、この『ジュン・チョコレート』論争があるみたいです。

以下、イタリアの新聞『LA STAMPA』の記事の抜粋です。
http://www.love-italy.net/lastampa/060127/02.html

1月11日、上院はチョコレートに関するEU基準に従わないという決定を行った。2000年にEU議会はチョコレートへの植物性油脂含有率を5%まで認める法令を可決。しかしイタリアでは100%カカオ豆からできたものだけをチョコレートと呼び、それをラベル表示することで他のEU諸国の植物性油脂を含んだ製品と区別してきた。一方EU裁判所はイタリアがカカオ豆100%ではない製品を締め出したとして市場開放を求めている。また新EU法の第20条はラベルへのカカオ豆100%という表示の廃止を規定しており、2003年の法令により重い罰金を課せられる可能性もある。これに対し、国内の量産メーカー、専門メーカーは共に、これまで通り安価な植物性油脂を混ぜない方針を継承し、EUと真っ向から戦う構えだ。

頑張れイタリア!
スポンサーサイト

テーマ:ショコラ(チョコレート) - ジャンル:グルメ

23 : 04 : 20 | イタリア食文化! | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<外国語の学習方法 | ホーム | 久しぶりのゴビーノニNEWS以外のトリノネタです!>>
コメント
----

混ぜものモンダイ…、難しいですよね;;
本来必要でないものを混ぜた「偽物」と「本物」を区別することは大事だと思いますが、どうしても「製品化」に当たって必要になるものだったら、多少は混ぜてあっても認定してくれれば…と思います。しかし、やはり「本物」とはっきり区別して、「本物」の味を守るべき!と言う考えもわかります。どっちがいいんでしょうね?
by: ガナッシュ * 2006/03/05 12:13 * URL [ 編集] | page top↑
--コメントありがとうございます!--

ガナッシュさん。お久しぶりです。
どっちがいいんでしょうね~?私の考えでは、どっちも「有り」だと思います。だって、別物が混ざった物にも美味しくちゃんとできた物もありますからね~。
でも、やっぱり本物の味も知りつつ・・・自分の選択で時には本物、時には違う物という風に選択できるのがいいのでは・・って思っています。
by: バリエ * 2006/03/05 20:36 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://barieinter.blog14.fc2.com/tb.php/67-1fe00170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
無料ホームページ ブログ(blog)