スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
続・続、イタリア総選挙
2006 / 04 / 13 ( Thu )
イタリアの政治ネタはあまり日本のテレビでも登場しないので、ちょっとだけご説明。

僅差だけれど結局総選挙で敗れてしまった与党を率いるイタリアの首相シルヴィオ・ベルルスコーニ(Silvio Berlusconi)は、超がつく程のお金持ち。多くの名だたる会社を所有、特に、メディアセット(MEDIASET)という民法3局が入っているテレビ局グループ<<←注:イタリアの民法(BS除く)は4局しかないのです・・。だから割り算すると75%)>>、新聞社(CORRIERE DELLA SERA)、出版社(Mondadori)、流通業界(STANDA)、それにイタリア人の心の拠り所であるサッカーチーム(AC MILAN)のオーナー様。。

もちろん、テレビ局を持っているということは・・・。そう、MEDIASETのチャンネルのニュースや討論番組は・・・・。推して知るべし。
家のテレビでMEDIASETの番組を見ることを禁じている反ベルルスコーニ派の私の友人もいるほど・・・。
(誤解のないように申し上げますが、これらのチャンネルでは政治色のない普通のテレビ番組(アニメやバラエティーやクイズなど)もやっています。)
前回の選挙の時にも、今回の選挙の時にも、当然、これらの局ではオーナー様の応援をしない訳はなく、オーナー様だから応援する人も、オーナー様が好きな人も皆で応援。

そんなセレブ・ベルルスコーニ氏の体制に、


半数強のイタリア人がNOと言った。

半数弱のイタリア人がYESと言った。


このように、イタリアがパッカリと二つに分かれた結果となったわけです。
上院獲得議席数を州別に見ると、

<野党勝利> 13 / 20州
アブルッツォ州  4対3 (投票率)83.4%
バジリカータ州  4対3 (投票率)80.4%
カラブリア州   6対4 (投票率)74.1%
カンパーニャ州 17対13 (投票率)78.3% 
エミリア・ロマーニャ州 12対9 (投票率)89.5% 
リグーリア州  5対3 (投票率)83.4% 
マルケ州    5対3 (投票率)86.1% 
モリーゼ州   1対1 (投票率)82.3%
サルデーニャ州 5対4 (投票率)78.2% 
トスカーナ州 11対7 (投票率)87.2%
トレンティーノ・アルト・アディージェ州 5対2 (投票率)87.8%
ウンブリア州  4対3 (投票率)86.6%
ヴァッレ・ダオスタ州  1対0 (投票率)83.6%


<与党勝利> 7 / 20州
フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州 3対4 (投票率)84.5% 
ラツィオ州  12対15 (投票率)84.5% 
ヴェネト州  10対14 (投票率)87.6% 
ロンバルディア州 20対27 (投票率)87.5% 
シチリア州  11対15 (投票率)79.4% 
ピエモンテ州  9対13 (投票率)84.5% 
プーリア州   9対12 (投票率)79.5% 



出馬した候補者がどんな人で、そしてどんな候補者が当選したのかすら全く知らないので余計なことは全く言えませんが、やっぱり大企業が多くて産業が発展している州(カッコの中には代表的な都市の名前を書いてみました)では与党が勝っていて <ロンバルディア州 (ミラノ)、ラツィオ州 (ローマ)、ヴェネト州(ヴェネツィア・ヴェローナ)、 ピエモンテ州(トリノ)> そして、いわゆる南部と言われているシチリア州とプーリア州で与党が議席数を伸ばしています。

一度イタリア人の政治好きの友人に、何故シチリアとプーリアでは与党が強いのかを聞いたことがあります。彼によれば、これらの地域は政府指導による開発や援助が必要であり、それを絡めた政治的なプロモーションを通して地盤を固めているのだろう・・・と。

なるほど・・・。

さてさて、ちょっと面白くなって、このベルルスコーニ首相についてちょっと調べてみたら、彼の経歴を見つけました!!

なんと、ベルルスコーニ首相は元歌手。
そして、掃除機販売業を行い、建築業で大成功!!!!
その後、次々と企業を買収し財力と権力を増やして、ついにはイタリアという国のトップへ上り詰める。
(昔歌手としてCDを出していたというマンション販売業を営む営んでいた社長さんが、なぜかダブりました。(余談))。

マイワールドをゼロから築いた功績は本当に素晴らしいと思います。
この後、首相の座から降り、絶対的な権力がなくなった後、彼はどうなっていくのだろう・・と本当に興味があります。もちろん、落ちていくさまを見たいのではなく、どのように首相であった自分にオチを付けていくのか。経済界のトップであることには間違いないのだから、そこでさらなる手腕を発揮し続けて行って欲しいと素直に思っています。

そして、ゴミ収集から始めてドンドンと財をなし、競馬の馬の売買からサッカーチームのオーナーまで上りつめ、お城まで手にいれたけれど、地元サッカーファンや選手との折り合いが悪く、そしてついには法律違反を犯して国外へ逃れた元サッカーチームオーナーのことも思い浮かびました。

最近の日本では、逮捕されたIT関連企業の元社長のように、成功の絶頂からどん底に落ちる姿を見るのはやっぱり悲しいものです。


首相在任中は、それこそたくさんの問題行動はあったと思うけれど、何千年もの昔の遺産をたくさん抱え、それらを守ることが義務である国が変わることって本当に大変だと思う。世界の美術館は必要。でもその美術館も稼がなくては潰れてしまう。(今はそう簡単には他の国のモノにはならなくなったけれど・・・。)
素晴らしい美術館があっても、そこにたどり着くためには道路も必要だし、行く術も必要。自然は素晴らしいけれど、大自然の中では現代的な人間の生活を行うことができない・・・。

労働者の権利も大切。安心して仕事をしてお金を稼げて、家族が無事に暮らしていくことのできる世界は大切。でも、雇う側にすれば、仕事をしなかったりナマけたりインチキしたりする労働者を雇いたくない。できれば才能のある、もしくは才能がなくても努力して頑張ってくれる人だけを雇いたい・・・。

2つの相反する考えが共存できるようになるユートピアはいつか地球上に生まれるのかな・・。とっても他人事のような記事を書いてしまっていることを反省しつつ、聞こえてくるのは祇園精舎の鐘の音。


スポンサーサイト

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

00 : 53 : 14 | イタリア人気質って・・・ | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
<<チェケラッチョ・アブラッチョ♪ | ホーム | 続・イタリア総選挙>>
コメント
--お願い--

ブログ紹介サイトが出来ました。
もし、あなた様がよろしければ・・・
当サイト「BlogStation69」にてあなた様のブログをご紹介させていただけないでしょうか?
ご登録はサイトよりお願い致します。
http://www.blog-station69.com
by: BlogStation69 * 2006/04/13 22:26 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://barieinter.blog14.fc2.com/tb.php/87-9749bbc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ピエロ・マンチーニ・ヴェルメンティーノ・
ワインはやっぱりこれですね。大変おいしいです。とてもいいぶどうの香りです。この値段でこのうまさ、まさに隠れた名品だと思います。★無料ポイント⇒http:/plaza.rakuten.co.jp/kiyaku/・遠山景織子を感じたいです・マルタ・トム一家、地中海クルーズを楽しむ・一目惚れ イタリアがたくさん【2007/08/18 15:32】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
無料ホームページ ブログ(blog)