スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
チェケラッチョ・アブラッチョ♪
2006 / 04 / 16 ( Sun )
総選挙のマジメなネタから一気にくだらないダジャレネタへ・・・・。

イタリア語ってm『・・・チョ』で終わる単語って結構多いんですよね~。エンガチョとか。(←冗談です)

冗談はさておき、エンガチョっていう言葉って今となっては死語なんだろうか・・・?

おっと、話がそれました。

今日のタイトルにある『アブラッチョ』ってイタリア語のちゃんとした単語なのですが、どういう意味か想像つきますか?

1.脂症
2.オリーブオイル
3.ブラジャー

正解は、もちろん1でもなければ2でもなければ3でもありません。

実はアブラッチョって『抱擁』というロマンチックな意味の言葉です。

でも、全くそういう風には聞こえないと思いませんか??

『キス』という言葉も『バチョ』。やっぱり『チョ』がつく。『チョ』がつくと色っぽさもへったくれもなくなるな~。


ちなみに、『アブラッチョ』は:

ABBRACCIOと書きます。
抱擁一回は、UN ABBRACCIO。複数はABBRACCI<アブラッチ>。
「抱擁する」という意味の動詞は、ABBRACCIARE<アブラッチャーレ>。

どちらが元になっているのかは知らないけれど、腕という意味の言葉はBRACCIO<ブラッチョ>。(←照れながらブラジャーと言う時に使う言葉では本当にないですよ。)

そうそう、イタリア語でも右腕というのは日本語と同じように、頼りにしている人物という意味で使います。
だから、「ロベルトは私の右腕だ!」という時には、

Roberto e' il mio braccio destro.
<ロベルト エ イル ミオ ブラッチョ デストロ。>

と言います。 (たまにはタメになるイタリア語講座)

このアブラッチョ、手紙やらメールやらの締めの言葉としてもよく使います。英語で言うところの、A BIG HUG ってやつです。

先ほどちょっと触れた『BACIO』というのも締めの言葉としてよく使います。そしてBIG KISSっていう意味で、UN BACIONE<ウン・バチョーネ>という言葉もよく使いますが、いつもこの言葉を使う時は、八代亜紀さんの歌の『ダンチョネ~♪』というフレーズを思い出してしまうのですが、私だけでしょうか?

なんだか今日はイタリア語を知っている人向けのダジャレオンパレードな記事となってしまいましたが、よろしければ今日もポチリとご協力お願い申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

01 : 32 : 06 | イタリア語マメ知識 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<喫煙作法 | ホーム | 続・続、イタリア総選挙>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://barieinter.blog14.fc2.com/tb.php/88-84e4a9da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
無料ホームページ ブログ(blog)