スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ヴェルソ・レ・チンクエ
2006 / 05 / 12 ( Fri )
今日は、イギリスでの面白い日常の話満載のブログ『どこへ行っても異国人』http://obentto.blog42.fc2.com/のネタに触発されて、イタリア時間についての話。

タイトルにした『ヴェルソ・レ・チンクエ』とは、『5時頃』という意味のイタリア語。

このVERSO<ヴェルソ>という言葉は、とってもイタリア的(もしくはラテン的。いやいや、イギリスでもそうみたいだから欧風か・・・)な言葉。

四角四面の我々ヤマト人は非常に悩まされるわけであります。

VERSOは<ヴェルソ>は、『~の方に(場所)』とか、『~に対する』とかいう意味もあるのだけれど、時間と一緒に使われたりすると『~頃』というアバウトな意味になる単語なのですが、待ち合わせ時間なんてのを話す時には、必ずと言って良いほど使われるイタリア語版『でる単』にもでてくる(はずの)必修単語。

でも、そのアバウトさの幅はヤマト人の幅とは訳が違います。

日本語で「5時頃に待ち合わせね♪」といったら、ジョーシキ的には、4時45分から5時15分の間には集合しますよね。それ以上のブレがある場合には、『5時頃』というアバウトな約束ではなく、『5時半』とか『ごめん、6時にして~!』という、自己申告があるはず。

本家イタリアでの『ヴェルソ』の効力は、経験値では1時間から2時間くらいはありそう・・・・。(もちろん、場所や人にもよりますよ!)

ちなみに、私も『ヴェルソ』を使いますが、我がヤマト魂が許容する効力はマックス15分。人間的にまだまだ小さい・・・。


アゴアシマクラ付きで数カ国からミラノに人を集めて行われたまじめな国際会議でもさらに恐ろしいことが。

朝の10時から会議!と言われても、ホテルのロビーに全員集合する時間が10時ちょい過ぎ。そこから皆で会議をする会社まで散歩がてら歩いて行き、親切なセクレタリーの女性が、会議が始まるまでに何人がコーヒーを飲むかを調べてくれて、そして何人がエスプレッソそのままで、何人がマッキアートにするか・・・など詳細に亘って調べてくれて、そして、そのコーヒーが会議室に届けられ、皆の手元に渡り、それを飲み、世間話が始まり、会議がきちんと始まるのは、すでに11時過ぎ・・・。

1時を過ぎた頃から、昼食はどこに行くかという話になり、近くのピッツェリアに行き、それぞれが食べたい物を注文し、ワインも取り、デザート、コーヒー、そして親切なカメリエーレ(ウェイター)が美味しい自家製の食後酒を勧めてくれて、それを断る人もいれば飲む人ももちろんいて・・・・。

さあ、やっと午後の会議だ~!午前の続きを話し合おうぜ!と思って時計を見るとすでに3時半・・・。

出席者は日本人、イギリス人、アメリカ人、フランス人、イタリア人。ちなみに、このペースで拘束された日数は月曜から金曜までの5日間。

お察しの通り、最終日の金曜日の夜になっても最終的な結論は出ずに終了しました。

会議は前もってレジュメを作って、それに忠実に進めようよ。議論を膨らますのは止めて、とりあえず議論を進めようよ。会議を始める時間はちゃんと守ろうよ。昼食の時間は短くていいよ。時間がもったいないよ・・・。などと、同じ不満を感じてくれていたアメリカ人と初めて理解し合い手を取り合うことができたのでした・・・。(この会議にドイツ人がいなかったことが本当に残念。

時間は大切にね!と思って頂けた方、もしくは同じ経験をお持ちの方、是非、こちらの方の(VERSO)応援もお願いします♪



スポンサーサイト

テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

04 : 03 : 40 | イタリア人気質って・・・ | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<老婆は一日にしてならず・・・ | ホーム | 洋服ショッピング@イタリア>>
コメント
--宣伝、ありがとうございます。(笑--

楽しそうな会議ですね~。
こんな会議なら肩も凝らず、美味しいもの食べ放題の喋りたいこと言い放題。
こういう場面では、最初から何も決まらない、とたかをくくって楽しむべきですよ。
by: 3ぱいんと  * 2006/05/12 05:43 * URL [ 編集] | page top↑
--そうそうそうですよね~--

ネタ提供ありがとうございました!(というか勝手に頂戴しているのだけれど・・)地下鉄の話も今度書こうと思ってます。ホント、「タカ」をくくれるかくくれないかが勝負ですよね~。こうやって私のイタリア化も進むのでありました(笑)。
by: バリエ * 2006/05/12 09:53 * URL [ 編集] | page top↑
--頭の中に--

風景が浮かんでしまいました。
イタリアだから、それでいいんじゃないですか。(笑)
私も日本では5分と待つのが好きではありませんが、
イタリアでは30~1時間程度まで許容範囲が伸びます。
by: らふぁえろ * 2006/05/13 20:22 * URL [ 編集] | page top↑
--コメントありがとうございます!--

そうですよね・・・。何しろ主催国がイタリアだからローマじゃなくてもミラノにいればミラノに従え。
確かに、イタリアだと許容範囲広がりますよね~。
それに、知らず知らずのうちに、私も「大丈夫だよ」を連発しています(笑)
by: バリエ * 2006/05/13 22:55 * URL [ 編集] | page top↑
--そうなのね☆--

さっそく、寄らせていただきました~♪
うちのファミリーもそんなところあるなぁ・・・。
テキサスなんですが(笑 一応、ドイツ系の家系なんだけどな~。
おっかしいなぁ。なので、アメリカ人もそういう感じなのかと
思っていたけど、まだマシなんだ、発見(驚
私が日本人だから故に感じることなんだわ、って思ってたけど。
イタリアの美味しいもの、に非常に興味アリなんです☆
またきますね♪
by: デリコ * 2006/05/14 00:53 * URL [ 編集] | page top↑
--ありがとうございます♪--

いらっしゃいませm(__)m訪問、そしてコメントありがとうございます。
そうですか~?ドイツ系テキサス人の旦那サマも・・・。ちなみに、私と握手をしたアメリカ人はイギリス人の旦那様を持つテキサスの女の人でした!
この頃はネタが少ないけど、イタリアの美味しい物ネタも増やすようにしますね!
by: バリエ * 2006/05/15 09:24 * URL [ 編集] | page top↑
----

似たようなお話、イスラエル在住の方からも聞きました。せかせかしているのは、ビジネス国である日本とアメリカだけなんですね…。ヨーロピアンはみんな、ゆったり♪
 どっちが良いともわかりませんが、日本人はせかせかしすぎだと思います。

 シェスタが欲しい、ガナッシュ改めvalvaneでした♪

PS リンクさせていただきました♪ よろしく~!
by: valvane * 2006/05/21 20:57 * URL [ 編集] | page top↑
--リンクありがとうございます♪--

そうなんですよね~。仕事中心のマインドは疲れます・・。この大和魂のマジメさの正体は何なんでしょうね?ホント、しばらく日本に閉じこもっていると、ダンダンとセカセカ、イライラしてくる自分に気づきます!リンクありがとうございました!私もリンクさせて頂きます!!
by: バリエ * 2006/05/21 21:53 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://barieinter.blog14.fc2.com/tb.php/97-43eb04c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
無料ホームページ ブログ(blog)